リフォームとリノベーションの違いとは?

こんにちは。

津幡町リフォームの徳丸です。

よく聞くリフォームとリノベーションって何が違うのでしょうか?

先ずは、リフォームとリノベーションは明確な定義はありません。

どちらの言葉で表現しても間違いはありませんが、『一般社団法人 リノベーション協議会』では下記のように振り分けられています。

リフォーム
原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処。

リノベーション
機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。

リフォーム

イメージとしては、修復・修繕というイメージというのが一番分かりやすいのではないかと思います。

古くなったり、壊れた部分を新築時の状態に原状回復するために行うことを基本的にはリフォームと言います。

 

リノベーション

リノベーションとは、新しく住む方にとって、間取りや内装を作り直すことです。

イメージとしましては、以前住んでいた間取りを取り壊し、2部屋あったのを1部屋に変更して大きく作り変えるというのが分かりやすいのではないかと思います。

よく見るケースとしては、中古マンションの一室を買い取り、スケルトン状態にしてから新しく部屋をデザインし直すことがあります。

因みに「スケルトン」とは、建物の躯体を残した状態(解体した状態)を言います。

我々はどちらも対応しておりますので、リフォームでもリノベーションのことでもお問い合わせ下さい。

津幡町リフォーム 徳丸裕規

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です