フローリングの張り替えのタイミング

こんにちは、津幡リフォームの徳丸です。

さて今日はフローリングの張り替えについてご紹介していきます。

さて、フローリングを張り替えるといっても交換するタイミングが難しいと思われているのではないのでしょうか。

そこで、どのような経緯で交換することが多いのか、ご紹介していきたいと思います。

フローリングの張り替え(リフォーム)の経緯

 

経年劣化による交換

フローリングは毎日歩き、生活の中でどんどん劣化していきます。

そのため、劣化するペースが他の部分よりも早くなってきます。

リフォームをされる方の中で、一番の理由がこちらが多いのではないかと思います。

 

フローリングがふかふかしてきた

フローリングがふかふかしてきた!?

ということはありませんか?

これは、フローリングの中の下地が白蟻や湿気によって、腐ってしまっている恐れがあります。

気づいた時には劣化がひどくなってしまい、床が抜けてしまうこともあります・・・

そして、泣く泣くフローリングの交換したいということで依頼されることがあります。

 

フローリングが傷んできた

フローリングの表面に物をぶつけたり、日々歩く中で傷つくことがあります。

フローリングの表面じゃコーティングされていて、傷がつきにくくなっています。

しかし、種類によって耐用年数は違いますが、一般的なもので10年程でコーティングが剥がれ、傷が多くなることがあります。

そのため、傷が多くなってしまって、見栄えが悪くなったから交換したいということもあります。

 

壁紙を張り替えるついでに

フローリング交換は、室内の物を移動させたり、養生したりする必要があります。

同様に壁紙の場合も室内の荷物を移動させたりと、手間がかかることが多くあります。

そのため、複数回に分けて行うよりも一度で行った方が良いので、まとめて工事したいという方もいらっしゃいます。

 

少しでもフローリングの張り替えをご検討されている方は、津幡リフォームへお問合せ下さい。

津幡リフォーム 徳丸裕規

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です